花咲ガニ

かに通販biz

花咲ガニは根室で取れる色鮮やかなカニです。

トゲが特長的な真っ赤で肉厚のある花咲ガニ

Top蟹の種類 > 花咲ガニ

花咲ガニもかなり人気ですね。これはタラバガニの仲間でヤドカリの仲間に分類されるんですよ。見た目のトゲがすごいことになっていますよね。ボイルするとものすごく綺麗な蟹です。

花咲ガニは根室で取れる有名なカニ

もともと根室の花咲で取れたことからこの名前が付いたという説があるそうです。一応タラバガニの仲間でトゲが長く、茹でると真っ赤になり、花が咲いたような鮮やかさが特徴です。普通にタラバガニやズワイガニ、毛ガニは食べたことあるけど、花咲ガニは食べたことがないという方が多いのではないでしょうか。

水深200mの浅めのところに生息していて、海藻を食べて大きくなります。豊富なミネラルを成分とした海藻をたっぷり食べている花咲ガニは脚の肉が想像以上に肉厚で濃厚です。ボイルされた花咲ガニの満足度はピカ一だと思います。

花咲ガニは実は冬が旬じゃないんです

カニと言えば冬というイメージがありますが、花咲ガニがとられるのは釧路では3月15から7月31日までで、根室では7月から9月という全然イメージとは違う時期なんですよね。
ただ私たちのイメージが冬であると強く感じているので、他のカニと一緒に冬に売り出されるケースもあります。

この際だから有名なタラバ、ズワイ、毛ガニ、そして花咲ガニをセットで食べ比べしてみませんか?

かにまみれ

ここは4大カニのセットを1万円で販売していてすごく人気が高い通販ショップです。特に花咲ガニの色が鮮やかできれいですよね。おそらく蟹の中でも一番色鮮やかな赤を出すのが花咲ガニでしょう。特にタラバやズワイなどがメインだと思うので、実際花咲ガニを見たことがない人が多いと思います。今年はぜひ真っ赤に花咲いたように美しい花咲ガニを食べてみてください。

また花咲ガニを本場の北海道のショップから取り寄せるのもお薦め。
百海丸
百海丸

ここは北海道産の海産物を扱っている有名ショップです。もちろん花咲ガニもしっかりと扱われていて北海道の名産として全国に発送してくれます。ぜひショップの写真を見て欲しいのですがものすごい肉と卵。これはすぐ注文してしまいそうで怖いです。

花咲ガニは殻が固い

花咲ガニは前述のとおり、タラバガニの仲間ですので殻がとても固いです。分厚く頑丈になっていますので、丈夫なキッチンハサミなどでカットして食べます。

基本的にはボイルして食べるのが王道です。あまりカニしゃぶだつたり蟹の刺身のようには食べないとのこと。なぜかというと、身が大きくボリュームがある上に、油分がある程度多めにあるためです。ボイルすると調度良いこってりジューシーな身になるのです。食べごたえがありすぎて、たくさん食べれないという嬉しい悲鳴も。

漁獲量が1/10まで減って貴重

ここまで見ると花咲ガニが食べたくなってしまいますが、実は漁獲量が1/10にまで落ちているんです。その理由が200海里以上の漁ができなくなってしまったからです。以前は1000トンほどとれていたものが今は100トンにまで落ち込んでしまいました。

現在は養殖をしてとにかく漁獲量を増やそうと努力している最中だそうです。だから花咲ガニはどちらかという希少価値が高いカニであると言えますし、なかなか食べたことがないのも頷けますよね。

話題作りにも花咲ガニは良いです。今年は他のカニと一緒に花咲ガニも食べてみてはいかかですか。

カニ通販おすすめランキング


北国からの贈り物

毎年とんでもない量のカニが売れていき、年末は在庫切れを心配するお客さんでごった返してしまうほど人気のカニ通販ショップです。価格が安く利用が多いのでどんな方にもお薦めできるショップです。
 
ヨネスケ印のかに親分

隣の晩御飯ヨネスケがナビゲートしてお勧めしてくれるのがかに親分。新しく登場してどんどん人気が高まっているかに通販ショップです。価格が゛っくりするほど安いのでぜひ一度見て欲しいですね。
 
かにまみれ

4種類のカニがセットになって食べ比べできるのが『かにまみれ』の大きな特徴です。どれは高品質なもののみでリーズナブル1万円です!子供にカニの味を知ってもらいたい家族が多く購入しています。

≪忘年会用のカニ通販 北海道のタラバガニを買う≫